中古トラックってどんな感じ?

スペアタイヤの付け方

スペアタイヤの付け方

スペアタイヤの付け方 中古トラックで走行中に急にタイヤがパンクしてしまった場合、そのまま走行すると事故につながるおそれがあって危険なので、すみやかに適当な広さの場所に中古トラックをとめてスペアタイヤに履き替える必要があります。
自分で付け替える場合はレンチや鉄パイプ、ストッパー、ジャッキが必要となるので、交換の必要がでてきた場合に備えて車内に保管しておきましょう。
タイヤ交換の仕方は、まず作業中に車両が自走してしまうことがないように履き替えないタイヤをストッパーで固定します。
その後、レンチをつかってスペアタイヤをおろし、交換するタイヤのナットを鉄パイプを使って少しゆるめてからジャッキで車体をあげて、タイヤを外します。
あとは、スペアを取り付けてナットを仮締めし、ジャッキの油圧をさげて車体の高さを元に戻し、ナットをきつくしめれば交換が完了となり、スペアを装着していた場所に使わなくなったタイヤを固定すれば作業が終了となります。

中古トラックなら反射板がついているからお得

中古トラックなら反射板がついているからお得 運行の安全のために必要なのが反射板です。
後ろからの光が跳ね返ることで、暗いところや雨の日などでも先行車を見分けることが可能です。
いろいろなデザインがあり、好みに合わせてこだわりのものをつけている人が多く見られます。
ただし、機能が充実しているものやデザインが凝っているものは値段が高く、なかなか手に入れ流ことが難しいと諦めてしまうこともあります。
そんな時は中古トラックがおすすめです。

何もついていない新車では、それからいろいろなものを取り付けなければいけませんが、中古トラックなら既についているものが利用可能です。
トラックの仕様が満たされるなら、自分のこだわりにあったものを選ぶと良いでしょう。
中古トラックならば、車検を通過しているものもあるので、そのままつけていても問題ない場合がほとんどです。
いろいろな物の中から好きなものを選ぶのも楽しみの一つと言えるでしょう。
できるだけ状態の良いものを選んだ方が安心です。

新着情報

◎2022/6/1

情報を追加しました。

> 中古トラックのレンタルで気軽に利用することが可能
> 中古トラックの買取りではデコトラに対応する会社は存在しています
> ブレーキ性能にも注目した中古トラック選び
> 中古トラックの売買において注意したい過走行
> 海外の輸入業者に中古トラックを輸入することがある

◎2021/5/7

中古トラックの販売店
の情報を更新しました。

◎2021/3/3

ドライブレコーダーを設置
の情報を更新しました。

◎2020/12/4

スペアタイヤの付け方
の情報を更新しました。

◎2020/09/15

サイト公開しました

「トラック タイヤ」
に関連するツイート
Twitter

【事故】上信越道でトラック積み荷の金属片落下!散乱し車十数台がパンク!「ヤバい、上信越自動車道。 タイヤパンク、大量発生!」 | 速報・事件事故まとめ

三宅坂ジャンクションで工事渋滞の先で鬼キャン改造車がトラックに突っ込んで事故ったらしく大渋滞してました… 事故車を見た瞬間、事故でタイヤがバグったのかと思いましたが、タイヤがバグってたから事故ったのか…

返信先:異常だよね😅そりゃ~トラックタイヤバーストするよ。(今朝湾岸で遭遇) 車燃えるよ。

返信先:他1人アーマオール懐かしい 昔シルベスタ・スタローンが映画の中でトラックタイヤを磨いてたのを思い出しました もちろん買いましたよ

スバルサンバートラック4WDの2004年車を買ったんだけど、走行距離は18,000キロ。タイヤは当時のままなのにひび割れもなく。変えなきゃいけないのはわかっているんだけど、なんとなくそのまま。来週変えよう。

Copyrignt(c) 2020 中古トラックってどんな感じ? All Rights Reserved.